日本代表のGK川島永嗣を紹介

本日は、日本代表のGK川島永嗣選手を紹介します。

川島 永嗣(かわしま えいじ、1983年3月20日 – )は、埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身のサッカー選手。リーグ・アンのFCメス所属します。日本代表。ポジションはゴールキーパーです。

 

基本情報を紹介:
国籍:日本
生年月日: 1983年3月20日 (34歳)
出身地:埼玉県与野市
ポジション:GK
利き足:右足
所属チーム: サッカー日本代表 (ゴールキーパー)、 FCメス (#16 / ゴールキーパー)
サッカー生涯:川島 永嗣は前後大宮アルディージャ、名古屋グランパス、川崎フロンターレ、ベルギーのリールセSK、スタンダール・リエージュ、ダンディー・ユナイテッド、フランスのFCメスに加入しました。2009年Jリーグベストイレブンを入選して、当年にJリーグ フェアプレー個人賞を受賞しました。

川島永嗣に評価:
ゴールキーパーは防衛の最後の部分で、チームの希望を守って、だから、優秀なゴールキーパーはチーム試合の成敗の鍵です。川島永嗣はそんな素晴しいゴールキーパーで、どのチームでも、彼があったら、安心しています。

スタジアムの中で、彼を姿を見て、なんか自信満々で、元気もいっぱいです。一緒に彼を応援しよう。

カテゴリー: 川島永嗣, 日本代表 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です