ガンバ大阪2016シーズンゴールキーパーユニフォーム

2016シーズンガンバ大阪ユニフォームのデザインはスタジアムを基調的に設計しました。今年のゴールキーパーモデルも発表しました。

ホームユニフォームと同じに胸にスポンサー名「Panasonic」をプリントしています。サプライヤーは前続き「Umbro」です。

新ユニフォームのコンセプトは「EX(エックス)-BLUE(ブルー) ~大阪を胸に~」ホームは青と黒のストライプ柄で新しく完成した本拠地「市立吹田サッカースタジアム」が透かしで全面と背中に入っています。アウェイは白基調に青と黒のピンストライプ模様、こちらはホームタウンの北摂地区7市(吹田・茨木・高槻・豊中・摂津・池田・箕面)の航空写真が透かしで入れられました。

ゴールキーパーモデルは赤、黒、黄色の3色。ACLモデルはホームが黒基調、アウェイが白基調で共にクラブロゴ下に日の丸が配置されています。

ゴールキーパーの写真は以下の通りで、ご参考ください。

Vネックデザインを採用し、スタジアムの地図もユニフォームに入れ、肩には「×」を付け、Jリーグロゴも圧着して、胸前に、スポンサー名をプリントして、チームエンブレムは左胸に織り縫い付け、メーカーロゴは右胸に刺繍しています。背中には「ROHTO」字様をプリントしています。

ガンバ大阪ゴールキーパーユニフォームが購入したいなら、以下のリンクを押してください。

ガンバー大阪 16/17 ユニフォーム ゴールキーパー 半袖 レプリカ

カテゴリー: ガンバ大阪 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です